世界最古の職業といわれる遊女、現在はデリヘルという形で風俗営業の法律に則って成り立っています

遊女に見るデリヘルのあり方

歴史で見るデリヘルの移り変わり

川崎のデリヘルは古くから続く歴史がある

投稿日:2015年10月29日 更新日:

歴史のある風俗あそび

川崎のデリヘルは古くから続く歴史がある

今で言うところの川崎のデリヘル嬢のような存在が、遊女ですが、性的サービスに特化していただけではなく、身体を使った表現をする技法『芸能』に優れていた人が輝いていたようです。
歴史のある風俗あそびその歴史はとても古く、奈良時代から続いていると言われています。

また多くの呼び方が存在しています。日本で最も古い和歌集と言われる「万葉集」の中には『遊行女婦(うかれめ)』という名前で記載があります。

平安時代になると『遊女(あそび)』、平安時代も末期頃になると傀儡女(くぐつめ)や白拍子(しらびょうし)や、上臈(じょうろう)、傾城(けいせい)などの呼ばれ方もしていました。

安土桃山時代頃の近世では、女郎(じょろう)、娼妓(しょうぎ)、遊君(ゆうくん)などとも言われていました。

その時代や地域によってまちまちではありますが、遊女の中にはランクがありました。

川崎のデリヘルでは人気嬢などはいますがランク付けされたりすることはありませんよね。

これは初めからあったものではなく、江戸時代頃から幕府によって取り締まりが行われるようになってから発生したようです。

これ以前の鎌倉時代の頃にはそれまで自由業だった遊女から税を徴収し始めました。

そのために遊女の中にもしっかりとしたランクがつけられるようになったと思われます。

1番上のランクが太夫(たゆう)。当時、流行であった歌舞伎芸人の役者を「太夫」と呼ばれていたことからきていると言われています。

才色兼備を兼ね備えた女の子にだけ与えられる称号でした。

上流階級をお客に取れるだけの今で言うところの川崎の高級デリヘルのようなものでしょうか。

それから風俗といえば東の吉原、西の松島として有名ですが、九州地方では長崎県の丸山が盛んで貿易都市としても賑わっていました。

そのため、『丸山遊女』というものが存在し、外国人だけを相手にするお店もあったようです。

上流階級並にまたはそれ以上にオランダ人は裕福だったようです。

もちろん誰でもなれるわけではなく丸山遊女も容姿端麗はもちろん、教養もしっかり持ち合わせていたようです。

川崎のデリヘルが有名

遊女というとイメージが湧く川崎のデリヘルですが、職業的にはとても古い時代から続いているものなのですね。

やはりこの世に男と女がいる限り、こういったエロスの産業が衰えることはなかなか考えられませんからね。

川崎のデリヘルの中でも上玉の娘と戯れたいのならば情報のサーチは必須です。

現在のデジタル社会であれば女の子の検索などもとても簡単でわかりやすいので、アンチデジタルのお父さんたちでも易しいですよ。

-歴史で見るデリヘルの移り変わり

Copyright© 遊女に見るデリヘルのあり方 , 2018 AllRights Reserved.