世界最古の職業といわれる遊女、現在はデリヘルという形で風俗営業の法律に則って成り立っています

遊女に見るデリヘルのあり方

歴史で見るデリヘルの移り変わり

デリヘルの風俗嬢なら遊女から手練手管を学ぶ

投稿日:2015年10月30日 更新日:

昔から人気の風俗嬢がもつ技

デリヘルの風俗嬢なら遊女から手練手管を学ぶ

お客さんを本気で惚れさせるためにあの手この手で思うままに巧みに操り、引き付けるために使った方法を『手練手管』というものが存在していました。

これを思うままに出来る女の子は人気のある遊女であったといっても過言ではありません。

デリヘルで働いている風俗嬢もこれができる子は相当な人気をもっていると思いますよ。

その手法も様々。その中の1つで口説というものがあります。

映画や小説などで遊女がいうセリフに『○○でありんす』これは「廓言葉(さとことば)」とよばれるもので、実は方言などで地元がばれないように矯正する言葉の一つでもありました。

廓言葉と口説を駆使してお客さんの心をつかむようなことをサラリと言ってしまうのです。デリヘルのお客もノックアウトできる

デリヘルのお客もノックアウトできる

例えば、久しぶりにきたお客さんには『どこで浮気していたの、ずっと待っていたのに…憎らしいんだから♡』『離れている間、あなたのことばかり考えてしまうの』なんて頭じゃ口だけだとわかっていてものせられてしまうもの。

また、初めてのお客さんに対しても『今日会えたことは運命だったのよ』なんて絶対ウソだ!と思うようですが、時と場合によっては効果が全く違うわけです。

普通に聞けば、ドラマの見過ぎですか?と思われるようなセリフも二人だけの世界に入っている時に言われてしまうとお客さんの心は揺さぶられるわけです。

デリヘルでも綺麗な風俗嬢からそんなこと言われたらウハウハ勘違いしてしまいそうですね。

そして一番大切な別れ際、また来ようと思わせるような接客をするようにということを叩き込まれたと言います。

男性が、着物を着ている最中に後ろからぎゅっと抱きついて別れを惜しんだりするわけです。

もちろん、それが演技だとわかっていても男性の心は平常ではなくなってしまうわけです。そして気づけばまた足を運んでいるのです。

今も昔も変わらないのはこの辺りの駆け引き。

厚木のデリヘル嬢のみなさんも手練手管を駆使すればリピーターにつながるのではないでしょうか。保証は致しかねますがw

また逢いたいと思える女の子を求めてデリヘルを訪れる男性は後を絶ちません。

特に人気の集まるような女の子は予約でいっぱいです。いつ電話しても空きがないなんてこともあるほどです。

デリヘルで運命の出逢いを見つけたいのならまずはお店を検索。

そしてスタッフと仲良くなって、向こうから連絡してくれるくらいツーカーになれるようになれば他の人にも誇れるほどの立派な常連さんです。

-歴史で見るデリヘルの移り変わり

Copyright© 遊女に見るデリヘルのあり方 , 2018 AllRights Reserved.