世界最古の職業といわれる遊女、現在はデリヘルという形で風俗営業の法律に則って成り立っています

遊女に見るデリヘルのあり方

デリヘルと遊女の関係

新宿のデリヘルは性病や身バレが怖い?

投稿日:2015年11月29日 更新日:

風俗の今と昔の違いとは

新宿のデリヘルは性病や身バレが怖い?

一般的に、新宿のデリヘルで働いている女の子たちは家族にも友達にも誰にもバレたくないと、身バレを恐れていると思います。

確かにまだまだ性に対して閉鎖的な日本では確かに大きな声では言えない内緒のお仕事として新宿でもデリヘルは成り立っているとは思います。

しかし、人間の三大欲求として食欲・睡眠欲・性欲としてあげられるものの中の一つを解消するための仕事なのにどうしてそう思ってしまうのでしょうか。

新宿でも大きな声では言えないデリヘルのお仕事ではありますが、もっと自信を持っても良いと思うのは私だけでしょうか。
風俗の今と昔の違いとはそもそも、戦前の日本ならば、人気のあるデリヘル嬢はみんなに知られる存在だったのです。

むしろ、花魁道中にみられるように、その子がお客さんのところに行くまでにはとても豪華な行列があり、多くの見物人があったとも言われているくらいですから。

このころは政府(幕府)公認で売春が合法だった時代です。もちろんこのころから一定の基準を設けてあり、それに通らないと営業できなかったことに変わりはありません。

例えば年齢だったり、性病の防止や検査が行われているかどうかなどをクリアして初めて営業の登録ができます。

さらに、営業できる場所は限られていました。

現在よりも医療が遅れていたのは事実ですが、その徹底ぶりは今のデリヘル嬢の子たちよりもしっかりと検査はしていたようです。

デリヘルで働くからこそすべきこと

デリケートな部分だからこそ恥ずかしい気持ちはありますが、それ以上に新宿のデリヘルで働いているというちょっとした後ろめたい気持ちから検査を受けないでいる子が多くいます。

放置しておくと、不妊の原因にもなりかねない性病。

彼氏にデリヘルで働いていることがバレてしまうことよりも、将来のことを考えて後ろめたい気持ちは捨てて検査を受けることをお勧めします。

そして、今も昔も『人間の欲求を満たすことのできる仕事』をしているという誇りを持つことができれば、少しは新宿でデリヘルのお仕事に対しての意識も変わるかもしれません。

素人っぽい反応を楽しむお客様が多い中でも、女の子たちはプロ意識を多少なりとも持って仕事をしているものです。

テキトーな女の子なサービスもそれなりになってしまいがちですから、男性のデリケートな部分を扱うこのお仕事は舐めてかかると痛い目をみるということかもしれません。

新宿のデリヘルで素人系からマニアまでいろいろなタイプの女性を見つけられます。

さらに意識の高い子ならばプレイにも期待できるものですよね。

-デリヘルと遊女の関係

Copyright© 遊女に見るデリヘルのあり方 , 2018 AllRights Reserved.