世界最古の職業といわれる遊女、現在はデリヘルという形で風俗営業の法律に則って成り立っています

遊女に見るデリヘルのあり方

デリヘルと遊女の関係

デリヘルでも昔から変わらない風俗嬢と客の戦い

投稿日:2016年9月13日 更新日:

風俗の利用は安くない

昔からある遊女と現代のデリヘルでは様々な共通点がありますが、利用する男性側にも幾つか共通点があったと思われます。

デリヘルでも昔から変わらない風俗嬢と客の戦い花魁道中を開けるくらいの経済力を持っている男性は現代にはいませんが、高級デリヘルを頻繁に利用するような男性はそれに当たるかな?なんて思います。

しかしそれ以外の普通のデリヘル店や激安店を利用する男性がいるように、当時の遊女も格安で遊ぶことができる女性もいたのです。

以前、遊女にはランクがあったという記事がありますがその中でも『切見世』と呼ばれる女性はとても安く利用することができたのです。

現代のデリヘルのようにタイマーをつけることはできませんでしたので、1セットが線香が燃え尽きるまでという測り方をしていました。

当時から『延長』というシステムがあり、初めの線香が燃え尽きる前に追加料金を払うことができればもう1本の線香分まで遊ぶことができたそうです。

デリヘル嬢と客の駆け引き

デリヘル嬢と客の駆け引き

デリヘル嬢はいかに長い時間楽しませることができるか、延長させお金を使わせるか、対する客はいかに安く済ませるかという戦いは現代に始まったことではないということなんですね。

風俗嬢側も色恋でいかにお客の足を運ばせるか、時間のゆるす限り延長させることができるかが腕の見せ所でもあります。

こうした料金のシステムを理解すれば金額の安い店で遊ぶことを考えたり、予算内で収まるようにしてみたりするわけです。

いかに女と安く遊ぶか、というのはいつの時代の男性も真剣勝負だったのかもしれないですね。

遊女の頃には感謝デーは存在するものの安く遊べる時というのはなかったため、デリヘルはかなりお得に遊ぶことができるというわけです。

デリヘルでお得に遊ぶ

デリヘルでは様々なイベントや割引を用意していますし、お客も安く遊ぶことができれば嬉しいですよね。

客の入りがよくなれば意固地になって料金を高いままで設定しておくよりも回転率はよくなり、単価は多少下がったとしてもトータルで考えれば風俗嬢の収入も多くなるというわけです。

店も女の子のやる気がなくなるほどの割り引きをすることもありません。

ある意味客の目を引くためのイベントですから、デリヘル店・風俗嬢も客も両者共に大いに活用できているのではないかと思います。

-デリヘルと遊女の関係

Copyright© 遊女に見るデリヘルのあり方 , 2018 AllRights Reserved.