世界最古の職業といわれる遊女、現在はデリヘルという形で風俗営業の法律に則って成り立っています

遊女に見るデリヘルのあり方

デリヘルで風俗嬢としての一生

性風俗という仕事

デリヘルで風俗嬢としての一生

世界最古の職業とも言われる売春婦。日本でも古くから同じように『遊女』が存在していました。

性的なサービスの他にも男性客を喜ばせる職業です。

現在では、法律にのっとりながら形は多少違えど性風俗の業界が存在しますね。

自分の好きな時に出勤して一度にもらえる収入も高額で辞めても静かにフェードアウトしても誰にも文句は言われない、自由なイメージのデリヘル。

しかし、日本古来にあった現代でいうところのデリヘル嬢のような『遊女』という存在。確かに性的なサービスをしていて豪華な生活をしていたように思いますが、実はかなり厳しい一生を生きてきているのです。

遊女の一生

遊女の一生映画などでたまに見る人気嬢のような、お金持ちがヒイキ目に見てくれているような遊女。

みんながみんなそうなれないのは今も昔もごく一部。昔はさらに狭き門だったのです。

人気嬢ではない普通の遊女たちは毎日お客さんからお金や貢物をしてもらうために必死だったのです。

そもそも自分で遊女という道を選ぶのではなく、親の借金のために売られてしまうので選択肢などなく、有無を言わさず働かなくてはならなかったのです。

遊女として働ける年齢に達するまでの何年かは雑用のような労働をしながら、お姉さまがたに見習いとしてついていきます。

その後、遊女として働けるのは18?27歳くらいまでとされていました。(今でも人気の出る年齢は似通ったものがありますよねw)

その間は、好きな時に好きなだけ稼げたのかというとこれまた違いまして、そもそもは『売られた身』なのでお金を貸してもらっている状態にあるのです。

もちろん高利な利子付きでw デリヘルにもバンス(前借り)OKという店もありますが、ケタも違えばワケも違うんですね。

なので働いて稼いだお金がそのままその子の懐に入るわけではなかったんですね。

唯一自分のものになるのがお客さんからもらったお捻り(おひねり)とよばれるチップのようなもの。

これがなければ、食べるものはお店が出す栄養も何も考えていない、生きていける程度のお粗末な食事だけ。

身につける着物もお店が用意してくれるわけではなく、全て自前のもの。

着物も帯も、売れるために自分を飾るのに必要な着物は高価でしかも1枚ではなく何枚も必要ですから。

小物類や髪飾りなんかももちろんそうですし、お化粧道具もたくさん買いそろえる必要がありました。

当時は布自体が高価なものでしたので、新品なんてほとんど手にすることなんてありません。

生涯のうちに、3回でもあれば超ラッキーというほど高級品といわれていました。

たいていの場合が、中古の着物を買ってきて自分たちで手直しして使っていたのです。

さらに高価だったのが布団。なんで?と思うかもしれませんが自分たちで寝る布団ではなく、お客さんを迎え入れるための布団も自分たちで揃えなくてはならなかったのです。

そもそも身売りされたような20歳そこそこの女の子が1人でそんな大金をもってるわけもなく、お店に借金をして揃えていたのです。なのでさらに借金の額は増えます。

もちろん休みなんてものもありません。

学ぶことも多く、お客さんがいない時には茶道や華道、香道、に加えて読み書きも習得しなければなりませんでした。

住んでいるところもみんなで共同ですので掃除や洗濯などの家事も自分たちでやらなければいけませんからね。

何もしなくていいのは本当に店の看板娘レベルの子だけだったともいわれています。

テレビや映画などで見るような煌びやかな世界の裏側は超絶に過酷な世界ではありましたが、今のデリヘルよりも容姿端麗でかなり教養があったようですね。

栄養状態もよくはありませんし、雇い主からの扱いはひどいものですので逃げ出したくもなるもの。

しかし逃げるにはほぼムリというほど隔離された状態で出入り口はたったひとつ、しかも厳重な見張りがついていたので小さな少女はたちまち捕まってしまいます。

もちろんその後のお仕置きはヒドイもので生殺し状態だとも言われています。実際に亡くなった子も少なくないでしょう。

またこの頃火事が非常に多く、大きな火災のときには女の子よりも高価な物品の方が重宝されるのでまず先にこうした品物が運び出されたのです。

加えてこの頃の医学は壊滅的ともいわれるほどで性病や病気にかかった時には手の施しようもありませんでした。

免疫力も低下しているため病気にもかかりやすく梅毒で死亡するケースも多かったのです。

こうしたこともあり、遊女たちの寿命は短かったといわれ30歳を迎える前には亡くなっていたといわれます。

まさに美人薄命とはこのことだったのではないでしょうか。

現代のデリヘル

壮絶な人生を短い期間で終了してしまう遊女に比べ、現代のデリヘルで働く女の子たちはかなりフリーダムですよね。

一昔前までは、親のための借金やシンママが子供のために… なんていうことが多かったのですが最近では自分のために働く子がたくさんいるものです。10代の子でも気軽に働くようになりました。

親元を早く離れたいがために手っ取り早く稼ぐことができるデリヘルで働くという子も多いですね。

レジャーや娯楽に使うためであったり、欲しいものがたくさんあるから。

昼間の職の給料だけでは足りないからという子もたくさんいます。

女性がセックスに対して公共の場やメディアでもおおく取り上げられるようになってからとくに増えてきたように感じます。

もちろん今までのような苦労を絵に描いたような女性が働くというケースもまだまだあります。

それでも気軽にデリで働けるようになった社会では、利用する男性の幅も広がっているともいえます。

性には興味のないと言われている草食系男子も実はちゃっかりフーゾクのお世話になっていたりすることもあるようです。

結婚しない、彼女を作らないようなビジネスパーソンも気軽に利用するようになりました。

逆に結婚してしまうとこうしたところで遊ぶことができなくなるからといって、恋愛にかける時間が惜しいからという理由などもあります。

身体障害者専用の店や高齢者専門の店なども増えてきています。

その時代や風潮に合った日本の風俗は今後どのように変わっていくのでしょうか。

今以上に幅の広がりをみせるような気がしてならないデリ業界。セックスレスがどうだこうだといわれ、日本人はそのうち性行為をしなくなるなんていう学者までいますが、きっとそんなことはないでしょう。

海外からみても日本人の変態気質は驚かれるほどですからねw

いかに挿入をせずに楽しむことができるか、本当にデリヘルが好きな人ならこうした嗜み方を理解している紳士が増えることをきたしています。

紳士も唸るほどデリヘル店も女性も充実したデリノートがアツいです。

利用する側としては、かなりハイクオリティーな女の子とも出逢えることは何よりも嬉しいことですよね。

それが可能なのがデリノートだったりするんです。

さまざまな性癖の男性がいるのに応えるように店もいろんなコンセプトのもと営業しているのです。

普通の人からはかなりニッチで特異だと思われてしまうような癖にも対応してくれる店を見つけることができるものです。

また、ポータルサイトではリアルタイムで利用出来る女の子をいろんな店に在籍しているこの中から探せるという大きなメリットがあります。

お気に入りの店には案内できる子がいなくても違う店にいる子ならOKという、手っ取り早く遊びたい派にはもってこいですよね。

こうしたところに時間をかけていられない、というせっかちさんにもお薦めできるのです。

投稿日:2015年10月29日 更新日:

Copyright© 遊女に見るデリヘルのあり方 , 2018 AllRights Reserved.